For truth 「真理をたずねて」

いつも、光とともに。

宇宙のお話から、わがまま気ままな
愛猫サクラのお話まで、あれこれ。

アーカイブ : 詳細記事

集中エナジー講座・「トネリコカフェ」のお知らせです!

サロンサロンの緑はいつも元気いっぱい

二階の木樹高は限界だけど、二階の仲間達も何とか…

グリーンほど、人の心を和ませてくれるものはありませんね。サロンには、私と一緒に暮らすようになって35年近くなるベンジャミンや25年くらいになる観葉植物が所狭しと並んでいます。二階に居る彼らは20年くらいでしょうか。光を求めて吹き抜けを上へ上へと伸びていますが、こちらの方は、いよいよ限界か…と思わせる様子もあったりして、ちと心配…
彼らは、私がこういう仕事をするようになるずっと前、私がスピの話など何も知らなかった頃から一緒にいる仲間です。私は彼らの日常を眺めながら暮らしてきたので、彼らと私とは普通の人よりもちょっとだけわかりあっています。その後、スピ的な情報と照らし合わせても、それが大抵当たっていたことに気づき、「愛」こそ、次元を超えてわかりあえる最高の手段なのだと知りました。
端的に言うと、彼らは「存在している意識」そのものです。でも、自分が存在するということとか、なぜ存在するのか、ということへの意識の広がりはありません。意識はありますが、人間のように、先々を読むこともなければ、過ぎた時間を遡ることもありません。さらに言えば、現在と未来しかありません。そして、彼らの唯一の方向性は「光」を目指すという一点に収斂しています。光と生長のためにのみ、彼らは生きているようです…
…とまあ、こういう話になれば延々と語りたくなるわけですが、今夜はお知らせを書きたいので、この続きは次回のお楽しみに

お知らせです〜

さてさて、突然舞い降りたメッセージに従って久々に「トネリコカフェ」を開催したいと思います。
植物たちとは異なる次元の存在である私たちには、想像=創造のエナジーを使って人生を思い通りに造り出せるという楽しみがあります。いつもの「トネリコカフェ」とは違って、その創造エナジーについての集中講座です。

2015年もいよいよ折り返し地点に突入します。年初から起きていたエネルギーシフトのピークを10月か遅くとも11月には迎えそうですが、それまでの日々をいかに過ごし、いかに備えるか…がとても重要になってきます。私自身も11月頃に大きなシエネルギーフトがあると思われます(こんなこと、植物たちは決して意識しないでしょうね)。そこで、この大事な時期を迎えるに当たり、皆さんにもこれからの日々を有意義に過ごしていただけるよう、エネルギーワークでサポートしたいと思います。ピン!と来たら気軽に参加してみてください。出口を探していたエネルギーがもっとも的確な出口を探しあて、その扉を自ら開けるかも知れませんよ

◆「トネリコカフェ」
   〜集中エナジー講座:「光を浴びて、今こそスピードUPの時!!」

  ハートを開いて、未来への扉を開こう♫

      第1回…7月18日(土)  13時30分〜15時30分/「浄化&ヒーリング」
      第2回…8月2日(日)    13時30分〜15時30分/「浄化&ヒーリング」

  第3回…8月15日(土)  10時〜12時/「浄化&ヒーリング」+「新月の光の集い」
  第4回…8月30日(日)  13時〜15時/「想像=創造エナジーの活性化」+「満月の光の集い」
      第5回…9月13日(日)  13時〜15時/「想像=創造エナジーの顕現」+「新月の光の集い」
  第6回…9月27日(日) 13時〜15時/「想像=創造エナジーの発展」+「満月の光の集い」

※参加費用…各3000円
※7月18日・8月1日・15日のワークは同一内容ですが、ご参加メンバーに合わせて変更する場合があります。ご都合のつく日にどうぞ!ワークの組み合わせ方は自由です。すべてを受けるのもいいし、気になるワークだけに参加するのも構いません。たとえどのワークであろうと、そのときに必要なことが必要なように起きますから、直感のままにチョイスしてみてくださいね。
いよいよ、時は満ちました!もはや、なに一つ恐れることも心配することもなく、光=創造のエナジーにお任せしましょう♫
※ご参加の申込みは、casaruhe☆gmail.com(☆を@に変えて送信してください)へどうぞ〜


※追伸
先日のブログに「オカマ」されたと書いたために、体調を心配して下さるお客様がおられるので、その後の経過報告です!実は…言われて始めてオカマの件を思い出すくらい、私は元気にしています。もう何も影響はありませんので、どうぞご安心くださいね。不死身と言いたいわけでも何でもなく、要は、終っているカルマの残滓を落とせたということでしょう。「落としてもらった」のだと思う事によって、全てが終りました。心配していただいてありがとうございました