For truth 「真理をたずねて」

いつも、光とともに。

宇宙のお話から、わがまま気ままな
愛猫サクラのお話まで、あれこれ。

アーカイブ : 詳細記事

「本当の地球」に住もう♪

今朝はカラスの黒い羽が庭の2箇所に落ちていました。カラスのことを書けってことかな?笑

朝からやけにカラス同士の会話が激しいと思っていたら、本日はゴミ日でした!本当にカラスって賢いです。ゴミ日を知っているのです。私の実家の母はよくカラスに遊ばれる人で、散歩していると何度もカラスが帽子を飛ばしに来るとこぼしていたことがありました。道路に飛ばされた帽子を拾い、かぶり直すとまた飛ばしに来ると。・・・私はかつてカラスと話したことがあって、彼らの賢さを身を以て知っているので、さもありなんと思います。

いえ、カラスだけではありません。哲学者・井筒俊彦が言うところの「意識と存在のゼロポイント」に入ると、カラスや樹木や花も何ら人間と変わりません。その地平では、見ている自分と対象物が溶け合うので、カラスも樹木も花も私そのもの。カラスが私になってしまって、心の中でテレパシーのように会話ができたりするのです。
昔むかし、私は常にゼロポイント状態であるが如くギンギンガンガンに目覚めていた頃のある日、上空を悠然と飛ぶカラスに、「そこで何してるん?」と聞いたことがありました。
カラスはそう問いかける私に一言、「カラスしてんねん」と答えました。
そして私に、「で、あんたは?」と聞いたのでした。
「え、私? そうだね・・人間してる」
すると、カラス応えて曰く、「だろ?」

そういえば私はあのとき、「人間してる」と答えたんだよなあ。
どうも私は「人間」をしているらしいですよ。ところで、みなさんは?笑

昨日の空の美しかったこと!まさに、太陽と雲による七変化のような空模様でした。

さて話は変わって、サロン周辺は昨日「緊急地震速報」の訓練だったようです。そのことを全く知らなかった私は、突然に鳴り響く大きな警報音に驚きました。しかもいつもの訓練とは違って長く、いかにも本物っぽいので、こりゃ来たかなと思いました。それにしては体感が薄いので、あまり近くはなさそう、すぐではないかもと思いましたが、主人は陶芸に行って留守、私はこれから始める遠隔アチューンメントの準備中・・二階のサクラが気になったので、すぐに階段を上がり、まずはタンスの上の飾り皿
とツボを床に下ろしてからサクラのもとへ。でもその前に、後が長いかもと思ってまずはトイレに。その間もあのイヤーな警告音はおどろおどろしく鳴り響いています。
ビビって耳を突っ立て三つ指ついて縮こまっているサクラに「大丈夫だよ、サクラ!ママのそばを離れるんじゃないよ」と言いつつも、「でも、サクラはおバカだから、慌てふためいて逃げるだろうなあ」とも思いながら、命ずるように二度三度。

ようやくそれが訓練だとわかったのは、警報音が治って、の〜んびりした声が聞こえ始めたときでした。ありゃと一気に緊張が解けましたが、本物だと思っていたので、ある意味良い訓練になったかも知れません。サクラはその後もオドオドとしたままだったので、サイレンが怖かったのか、ママのいつにない命令口調が怖かったのか?笑
というわけで、本物が来たら、こんなにもイヤーーな感じになるんだなとは痛感しました。

なんとしても、こういう本物は体験したくないものですが、そのためには、こういうことで学ぶ必要がない状態になることですよね

いつもお話ししていることですが、地球はいま大転換期にあります。エネルギー的にはすでにシフトアップは済んでおり(次元上昇し、どんな地球になるのか決定しています)、あとはそのヴァージョンに合わせてエネルギーバランスを取っている段階なのですね。
地球も生命を持つ有機体ですから、次元上昇した「自分らしい地球」に向かって進んでいくために、常に地球全体としてのエネルギーを調整していく必要があるわけです。

愛と調和の波動レベルを上げていくのが次元上昇ですが、私たち人間が愛と調和に満ちた本当の自分になるために、これまで本当の自分でなかった部分を切り捨てるよう努力するのと同じように、地球もまた「新しい地球」に生まれ変わるために、愛と調和が足りず低い波動が充満している土地や場所をどんどんふるいにかけていくことでしょう。
そして、地球の状態はそこに住う住民の波動に大きく影響されますから、私たちのいる場所が「新しい地球」に相応しい愛と調和に溢れた場所になれるかどうか・・そこに住む住民の思いや行動がいかに重要な役割を果たすかということですね。
土地のエネルギーレベルが上昇するには、そこに住んでいる高い波動の人の割合が一定数以上多くなることが必要。波動のレベルが高く強い人が増えていけばいくほど、波動の低い人を抑えて、愛と光がどんどん増していきます。


なんと言っても、地球も人間も本来は愛と光のエネルギーだけだったのだから。
闇や影やネガティブな波動は迷いの中から生まれた幻影に過ぎないのだから。

思い出せばいいのです愛と調和が自然だった日のことを。
お金とか地位とか名誉とか、そんなことは幻想で、穏やかで「足るを知る」平和な日常こそが永遠の幸せなのだということを

それをもう一度思い出し、迷いを断ち切って、前へ前へと進みましょう!!
それが「本当の自分」であり、その自分こそが住める「本当の地球」なのですから