For truth 「真理をたずねて」

いつも、光とともに。

宇宙のお話から、わがまま気ままな
愛猫サクラのお話まで、あれこれ。

アーカイブ : 詳細記事

明後日18日(火)は「満月の光の集い」です。

今朝携帯に目をやった途端、津波関連のニュースが飛び込んできてビックリしました
えっ、そう来たのか・・という思いとともに、昨日の自分の心境や昨夜のサクラのヘンな様子などもなんとなく繋がったのでした。

昨日のブログで「悠久の流れの中で、今、ここにいる私」と書きましたが、昨日私はレムリア(正確に書けば、レムリアと言うより、そのずっと前のムー大陸のこと)が海の下に沈んだ時の様子を想像していたのでした。その時の海面上昇も火山の超巨大噴火による津波が原因でしたが、こうして何万年に渡って繰り返されている天変地異が私たちの時代には決して起きないと言えるはずもなく・・次の巨大地震が今後30年間で起きる確率は80%以上と聞かされれば、それが「今」であっても少しもおかしく
ありません。津波のニュースを見ながら、これはシュミレーションなのでは?と思ったりもします。

私たちの物質肉体は物質地球の上に生きています。その肉体が地球の変動に影響されないはずがありませんが、こういう時こそ、私たちの本源が「霊主肉従」であることを再確認すべきでしょう。宇宙における全ての存在が有機的に繋がっているということ、その存在する全てのものに意識があるということを思い起こせば、物質地球を動かしているのは、地球自体の意識に違いなく、物質地球の穏やかな変容を望むのなら、その地球の意識を汲み取りその意に沿えるよう、私たちの意識を変えていくしか手がありません。



そんなこんなを思いつつのニュースでしたが、明後日1月18日(火)08:50、蟹座で満月を迎えます。奇しくも、蟹座のテーマは「愛」。満月を機にいま一度自分自身を見つめ直し、自分への愛、家族や周りのものに対する愛、社会や国へ対する愛、地球や宇宙への愛など、自分が大事にしているものへの愛を再確認したいものです。

満月時は月の霊力が高まり、変性意識に入りやすいので、いつにも増して深い瞑想ができるよう準備しましょう。周りをきれいに片付け、ゆっくり落ち着いた時間を取れるよう細やかに気配りしてみてください。

今年最初の満月の下、深い祈りをご一緒できれば幸いです