For truth 「真理をたずねて」

いつも、光とともに。

宇宙のお話から、わがまま気ままな
愛猫サクラのお話まで、あれこれ。

アーカイブ : 詳細記事

明後日4月1日(金)は「新月の光の集い」です。


 
最近、思いつくままにテーマを選んでブログを書いているせいか、何を書いたか忘れてしまうことがよくありますそろそろ、テーマを絞って書き始めなければと、いまカテゴリーを整理整頓しているところです。ブログを書き始めた頃、あれもこれもと欲張りになっていてたくさんのカテゴリーを設定してしまっていました。今使っているのはその中のわずかな項目だけ。これからは自分が書きたい分野だけに的を絞った方が良さそうですね
ということで、今日のブログは「光の集い」のお知らせです。

さて、明後日15:25 おひつじ座で新月を迎えます。
そのことを書こうと思った瞬間、「リスタートに良い時です」と来ましたよ。
再スタートに良いと言われても・・という人がおられるようですね。いま一時的にエネルギーのディセンションが起きている人も多いようなので、少しそのご説明を。

ディセンションという意味を間違えてはいけないのですが、アセンションとは「肉体を持ったまま次元上昇すること」ですが、ディセンションは単なる「次元降下」ではありません。アセンションとディセンションはセットなのです。
私が「ディセンション」という場合は、アセンションしたエネルギーを肉体にきちんと落とし込むという意味で使っています。エネルギー(魂)は究極の光を目指して永遠に上昇し続けますが、地球上で肉体を持ったままその上限近くまで次元を上げていくことを「アセンション」、その上がったエネルギーをこの肉体にもう一度落とし込む作業が「ディセンション」、肉体のキャパ以上に上昇したエネルギーを肉体レベルで受け入れられるよう、エネルギーをその肉体に可能な限りのレベルに落とすのがディセンションです。その時は一時的にエネルギーが落ちているように感じたり、モヤモヤしたりするものなのです。
人は皆、この地球上でもあちらの世界でも、アセンションとディセンションを繰り返しながら魂を上昇させていくのです。少なくともこの地球上ではエネルギーが上がりっぱなしの状態では、現実を創造することが出来ません。
私の言葉の使い方は通常で言われているのとは少し異なるかも知れませんが、私は自分の体験上、人はアセンション続きでは生きられない。次元が上がったエネルギーを現実界で活かしながら生きるには常にディセンションも必要・・と捉えています。
なので、今、エネルギーが落ちている人は、それが魂にとっても肉体にとっても「必要なこと」「必要な時期」だと捉えて、「今はこんな時〜!」とやり過ごしてくださいね。

ということで、明後日のおひつじ座の新月は再スタートを願うのに絶好の機会。この再スタートは「来年運」を占うことにもなりそうですよ。
つまり、再スタートした方向に向かって現実が力強く動き始めるという意味です。いま、元気な人はますます元気が出るように、いま少し元気がなくなっている人、やる気が出てこない人は、お月さまのパワーに「今の私に必要なエネルギーをください」「再スタートする上で必要なエネルギーをたくさん流してください」と頼んでください!もちろん、頼んだあとは「きっとそうなりますね。ありがとう!」も忘れないでね。

「光の集い」はいつものように午後9時〜9時半。ご一緒に静かな瞑想を楽しみましょう!