For truth 「真理をたずねて」

いつも、光とともに。

宇宙のお話から、わがまま気ままな
愛猫サクラのお話まで、あれこれ。

アーカイブ : 詳細記事

来年は本質が顯(あらわ)になりそうですよ。

来年のことを言うと鬼が笑う・・かも知れませんが、来年は2018年から3年間かけて進んで来た霊的進化現象が顕現を終える最後の年になりそうですね。つまり、目覚めることを決めた人たちが、自分が目覚めることを選択した人だったと自覚できる、おそらくは最後の年になるだろうということです。どうしたら、そのことがわかるかって?本当に目覚めれば、誰に認知される必要もなく、自分でそうだとわかるものですよ。

ならば、究極の「目覚め」を選んでいなかった人たちはどうなるかというと、その人たちの中で、どんどん幸せになる人、ますますネガティブになる人、それぞれに色分けされて行くでしょうね。まるで、目覚めたかのようにキラキラしていく人もいれば、反対にどんどん闇のなかに入っていく人もいるはず。それでさえ、どちらがいいわけでもなく、ただ、自分が今世はそういう選択をして来た人だったというだけの話なのですが。

だから、もう、焦るのはやめましょう。

そのように決めて来た人だったという霊的事実を知るために、それをエキセントリックに知ろうとして焦るのは無駄なことです。それに、究極の目覚め体験をしなくても、目覚めたように人生を送れる人はたくさんいますよ。目覚めを「安心立命の境地」と捉えれば、そんな境地で、流れに任せて安心しながら幸せに暮らしていける人たちはたくさんいます。


うーーん自分のことはよくわかんないもんね。ひとまず寝てから考えよう♪

どちらにしても、幸せになれるのなら、それでいいと腹をくくりましょう。
究極の目覚めを決めて来た人にはそれなりの「お役目」が待っているし、「先導隊」にならなければいけないし、まあまあ、自分らしくゆっくり進めばいいかなという感じでいきましょう。いずれ、みんながいつかは目覚めるんだし

と、こう書くと、
つい先日のブログに、「急ぎましょう!」と書いたではないかと言われそうですね。

そうです!実は、あれも本当のこと
あのブログを読んで、焦った人は多分、今世目覚めることを決めて来た人たちですね。その人たちは来年に向けて「楽しくも厳しい修行」をしていかなければ、ああそうだったのかという達成感を手にすることができないので、覚悟召されよ!(笑)というお話です。

そういう人たちへのアドバイスも来月から少しづつブログに書いていきます。ただし、私は地球に最後のカルマ落としに来た「留学生」なので、世の中のスピリチュアルリーダーのように、皆さんを覚醒させてあげられるかどうかはわかりません。
唯一言えることは、私は「みんなが神様だ」ということを知っているということだけです。みんなが自分を神様だと思い出せるような普遍的な方法を知っているというわけではないし、トネリコ仲間の中にも人によっては、私以外の人の方法の方が早道の人がいるかも知れません。いずれ、急ぎたい人は今こそ決意してくださいね。
「覚悟」さえ出来れば、宇宙が、あなたを必要な人のところに連れて行ってくれるし、どんなサポートでもしてくれますから


サクラも庭から戻り二階の階段を昇ろうとする時、毎度階段を見上げては、気合を入れてから一気にダッシュします。えいやっという自力が、人間にも猫にも必要な時があるということですね。

さて、今夜は「新月の光の集い」、ご縁ある皆さんが、今世で最高の幸せを手にされるよう、心を込めて祈ります